相場額と査定額を照らし合わせることが重要

マンションを「仲介で売る」「直接買取」のどちらで売るかに関わらず、まずは同じ地域ではどれくらいの金額で売れるのか?相場を知ること。そして仲介で売る場合の査定額を知ること。直接買取りの場合なら直接買取りの査定額も合わせて知ることがとても重要になってきます。

マンション売却「仲介で売る」「直接買取」

近隣マンションの相場を知るには

かつてマンションの売却相場を知るためには、直接不動産屋に足を運んで、売りに出されている近隣の物件をチェックする、さらに折り込み広告などの売り出し物件に目を光らせるといったぐらいしか方法がありませんでした。

  • 不動産屋店頭などでの売り出し情報
  • 折り込み広告などでの売り出し情報
  • インターネットでの売り出し情報

これらの方法でもある程度の情報なら集めることはできますが、現在ではインターネットというツールがあるわけですから、マンション売却相場を知るためにも積極的に利用するべきです。ネット上において、近隣で売りに出されているマンションを検索することで、家に居ながらにして多くの情報を得ることができます。

ただしこれらの方法で知ることができる情報で注意しなければならない点があります。知ることができるのはすべて売り出し情報、売り出し価格である点です。 売り出し価格はあくまでも売り出し価格であって、この価格で実際に売却できているのかどうかはわかりません。

  • 売り出し価格イコール売却価格ではない

場合によっては100万円単位での値引き交渉に応じた結果、成約となっている物件も多数あるであろうことを頭に入れておきましょう。

もちろん築年数や平米数、周辺環境によっても価格は変動します。 まったく同じマンションは存在しませんから、こういった個々の条件を踏まえて、およそこの程度の売り出し価格、そして売却価格になるかな?といった具合にイメージしてみることが重要です。

ご自身のマンションの売却査定額を知るには

さて、近隣の相場価格をイメージできるようになったら、いよいよご自身のマンションの売却査定額を調査します。いきなりひとつの不動産業者に査定をしてもらったのでは、その査定額が高いのか低いのか判断ができませんから、最低でも3社以上に査定依頼をするべきです。とはいえ複数の不動産業者に対してひとつひとつ査定依頼をするのは手間も時間もかかりますから、複数社に対しての査定依頼をネット上で簡単に行えるマンション一括査定サービスがお勧めです。

一括査定に申し込むと、それぞれの業者からおおよその査定額が提示されます。 これはいわゆる簡易査定額であって、この簡易査定額を先に調べた相場額とよくよく照らし合わせて、ご自身のイメージに近い業者を選択し、その上で実際に物件を見てもらって最終的な査定額および売り出し金額を決定するという流れになります。

もちろん複数の業者に物件を見てもらって、最終査定額まで出してもらうのもよいでしょう。マンション売却は大きな金額のやりとりとなりますから、出来る限り手間を惜しまず、より納得できる形で売却するのが一番です。

査定金額はどうやって決まるのか?

この不動産業者によるマンション査定では、どのようにして査定額を決定するのでしょうか?不動産の査定では主に以下の3つの方法によって査定額が算出されます。

  • 取引事例比較法
  • 収益還元法
  • 原価法

マンション査定においては、取引事例比較法によって査定額が算出されます。 収益還元法は投資目的の不動産などに、原価法は一戸建てなどに主に用いられる算出法なのでここでは説明を省きます。

取引事例比較法

取引事例比較法とは、その字のとおり、過去の取引事例の中から地域や条件が近いデータをピックアップし、その売却価格に対してマンション個別の条件を比較・加味し査定額を算出することになります。

どの不動産業者においても、参考にする過去の取引事例は、同じデータベースからピックアップすることになりますから、この時点では参考にする売却価格は同じです。そしてここから先、自社で売却した物件であれば、売り出し価格と実際に売却した金額やそこに至るまでの過程までを把握していたり、その営業担当者が関わっていればなおさら、よりきめ細かな情報までを把握している場合があります。

そういった意味では、多くの取引を行っている大手業者と同等に、地域に根ざしている業者も注目に値する存在だといえるでしょう。

業者による直接買取

業者による直接買取を行っている不動産業者であれば、多くの場合サイト上から申し込みが可能な簡易査定を行っています。ただし、物件によって直接買取の対象外である場合や、売り主から見ればその業者が買取る形ではあるものの、実際には別の買取専門業者への仲介をしているというケースもあります。このあたりは不動産業者によってさまざまですから、事前に調査が必要となってきます。

買取価格は仲介の場合の6割~7割程度が相場といわれていますが、仲介で一度市場に出てしまった場合と、市場に出さずにそのまま買取とする場合とでは後者の方が、より高い買取価格となるケースもあります。

まずは仲介による売却を考えている場合で、もしも直接買取で売却した場合にはどの程度の金額になるのかを知っておくのも売却の際の大きなヒントになりえるはずです。